読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記ときどき読書感想文

プラス/マイナス思ったことをつらつらと。そのほとんどは思いつきです。

オレたち花のバブル組

早速読んだ

 

オレたち花のバブル組 (文春文庫)

オレたち花のバブル組 (文春文庫)

 

 

これもドラマ化されているエピソードだ。

ドラマの後半部分だったかな。

ドラマと違うのは、父親が自殺していないのもそうだが、そのときの半沢の実家の担当だったのが、大和田ではなかった。

原作では、大和田は半沢の実家とは関係がない。

したがって、半沢が復讐をする場面がない、つまり大和田の土下座の場面は出てこない。

物語の構成はドラマとほぼ同じ。

 

これ読んでて思ったんだけど、この物語は、著者が銀行員だったことも有り、著者の想いを代弁しているような気がした。

自身の経験からの銀行への戒め、銀行を去ったとしても生きていけると思う半沢の想いなど。

 

自分がとくに著者の想いが反映されていると思う場面を書くと、

近藤「人生は変えられる」と田宮電気の野田に言う場面と、

最後の締め、

人生は一度しかない。たとえどんな理由で組織に振り回されようと人生は一度しかない。

という部分。

 

ここに著者の想いが込められているような気がした。

※自分の勝手な想像です。