読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記ときどき読書感想文

プラス/マイナス思ったことをつらつらと。そのほとんどは思いつきです。

死ぬときに後悔すること25

家の本棚を見ると、この本を見つけた

  

死ぬときに後悔すること25 (新潮文庫)

死ぬときに後悔すること25 (新潮文庫)

 

 

著者は緩和医療専門の医者である

末期がん患者等の終末期患者の苦痛を緩和しケアしたりすることを専門としている

 

終末期患者はその最後を迎えるにあたって、後悔の言葉を言ったり、医者に問いかけたりするらしい

著者もその仕事の中で多数の末期患者と接し数々の後悔を聞いてきたという

その代表的な悩み、後悔をまとめた本だ

 

健康・医療編、心理編、社会・生活編、人間編、宗教・哲学編、最終編の6章にわかれている

25の代表的な後悔を上記の6編にジャンル分けしている

 

タイトルだけ少し書くと、

たばこをやめなかったこと
感情に振り回された一生を過ごしたこと
美味しいものを食べておかなかったこと
結婚しなかったこと
神仏の教えを知らなかったこと

などなど

著者は日本人は我慢しすぎだ、死ぬ前に後悔しないよう、なるべく我慢せずに若い健康なうちにやりたいことをやっておくべきだと論ずる

読みながら、この25の代表的な後悔を今の内に自分が納得するように潰しておけば死ぬときに悔いがないだろうかと考えた

 

いくつか潰しているものもあるかなあと思うけど、

自分のやりたいことをやらなかったこと

を読む中で、

転職したいなら、今すべきである

この文が自分の中で薄れていた、今の自分への自問自答がふつふつと湧いてきた

 

自分にウソをついて生きてきた人間は、必ず後悔することになろう

と著者は言う

 

自分はどうなるのか