読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記ときどき読書感想文

プラス/マイナス思ったことをつらつらと。そのほとんどは思いつきです。

プールで見た光景

泳ぎに行っていたときになにやら騒がしい声が聞こえた

 

「はやくしなさい、プールにはトイレしにきたんじゃない、泳ぎに来てるんだから、いつまでやってるんだ、はやくしなさい!!!」

 

そう言うおっさんの口調は強く、声も大きい

 

行政運営のプールだから、子連れの親とかもよく見る

子供がいうことを聞かないから怒鳴ってんだろうと思って、ふと声のする方を見たら、便器の前で小便をしている「おっさん」に向かって「おっさんよりもおっさんのおっさん」が怒鳴ってた

 

ややこしくなってしまったが、おそらく親子だろう

推定40歳は超えてるような見た目の子供とそれを連れてきた親、おじいさんといったほうが適切かもしれない

 

いつまでやってるんだと言われるくらい、ずっと便器の前で小便をしようとしている様子と、その後の不安定な動きをみるとおそらく知的障害者なのだろう

 

知的障害を持って生まれた子供を40歳くらいの年まで、今も継続中だが、育て上げたんだなあと思った

やっぱり何かと大変だろうなと当事者じゃないから知らないが思った

親が亡くなったらどのように生きていくのだろう

 

 

でもなぜプールに連れて来てるんだろうとも思った

別にいいんだけども

行動も不安定なのに運動するならプールじゃなくてもよさそうだが

着替えてプール場につれて行くのも一苦労に見えた

まあ何か考えがあってのことか

 

 

泳ぎ終えて帰り道考えた

やっぱり結婚して子供を授かってもすべてうまくいくわけじゃないんだなあって

体も大きく見た目もおっさんになってしまった子供を世話しているおじいさんは大変そうだった

差別とか言われると意図に反するのでこれ以上は書かないでおくが、

何が起こるかわからないなあって

 

いいとこばかりが見えるけどそうじゃない部分もあるものなんだ

何が正解かはわからないな